滋賀県彦根市地域の総合医療および健康福祉サービスを提供する地域に密着した総合病院です。

電話番号 0749-23-1800

  1. トップページ
  2. 病院について
  3. 院内感染対策指針

病院について

院内感染対策指針

1. 総則
1-1 院内感染対策に関する考え方
  1. 1)われわれ医療従事者は、患者に安全な医療を提供するため院内感染の発生を防止し、ひとたび発生した場合拡大しないよう速やかに制圧し、終息を図ることを目的とし、本指針のもとに院内感染対策を行う。
  2. 2)友仁山崎病院(以下「当院」とする)においては、職場の環境を整備し職員の安全と健康を確保する。
1-2 用語の定義
  1. 1)院内感染
    病院環境下で感染した全ての感染症を院内感染と言い、病院内という環境下で感染した感染症は、病院外で発症しても院内感染という。
    当院では入院後48時間以降に発症した感染症を院内感染症と定義する。
  2. 2)院内感染の対象者院内感染の対象者は、入院患者、外来患者の別を問わず、見舞い人、訪問者、医師、看護師、その他の職員、更には外部委託職員等全てを含む。
1-3 本指針について
本指針は、院内感染対策委員会の議を経て策定したものである。
変更に際しては、院内感染対策委員会の議を経て適宜変更するものとする。
2. 院内感染対策のための委員会およびその他の組織に関する事項
2-1 院内感染対策を推進するために、院内感染対策委員会を設置する。
  1. 1) 本委員会は、院内感染対策についての最高決議機関としての役割を担う。
  2. 2) 本委員会は委員長・病院長・事務長・看護部長・薬剤科・検査科・ICT議長により構成される。
  3. 3) 本委員会の開催は月1回の定例開催をする。緊急時は必要に応じて臨時会議を開催する。
  4. 4) 決議内容は院長の承認を受け、全ての職員に周知される。
2-2 院内感染対策委員会は日常業務実践チームとしてICT(インフェクションコントロールチーム)とリンクナースを組織し、これらは組織横断的に活動する。
3. 院内感染対策に関する職員研修について
3-1 院内教育の一環として、職員一人ひとりに感染対策が理解でき、また実践できるよう年2回以上の定期研修や臨時の研修を開催し、教育・啓蒙に努める。
3-2 全ての職員は、研修会が実施される際には積極的に受講することに努めなければならない。
3-3 研修後はアンケート調査やラウンドを通して、教育効果を確認する。
4. 感染症発生時の対応と発生状況の報告
4-1 院内感染対象者に感染症が発生した場合、すべての職員は感染症発生報告書をもって、所属長を通じ委員会に速やかに報告する。
4-2 委員会は発生の状況を把握し、必要に応じて対策を検討し、感染の拡大を最少に抑えるよう努めなければならない。
4-3 届出が義務つけられている疾患が発生した場合は、院内の手順に添って速やかに保健所に届け出る。
5. 医療従事者と患者との間の情報の共有に関する事項
本指針は当院ホームページに掲載すると共に、患者及びその家族から閲覧の要求があった場合はこれに応じるものとする。
6. 院内感染にまつわる患者からの相談への対応に関する事項
患者相談窓口を設置し、患者の声に対し誠実に対応する。
窓口担当者は内容に応じ、当該部署に振り分ける。
7. その他院内感染対策推進のために必要な基本方針
7-1 ICTやリンクナースは、感染防止に関わる企画・立案をし、院内感染委員会に提言する。
7-2 院内感染を防止し、患者の安全や職員の健康・安全を守りながら、組織的運営も考慮し、経済性も考える。
7-3 ISO規定(院内感染委員会規定・ICT規定・感染対策規定・針刺し事故対応規定・標準予防策規定)各部門管理手順マニュアルを制定し、対策がマニュアルに沿っているか、マニュアルが遵守されているかを管理する。

作成日 H20年12月