滋賀県彦根市地域の総合医療および健康福祉サービスを提供する地域に密着した総合病院です。

電話番号 0749-23-1800

  1. トップページ
  2. 透析センターのご案内
透析センターのご案内
  • 消化器内視鏡センターのご案内
  • 消化器外科のご案内 手術治療、クリニカルパスについて
  • 透析センターのご案内
  • 診療協力部門のご案内
  • 医療関係の方
  • 院内のご案内
  • 友仁山崎病院 看護部のご案内
職員の募集

アクセスもしやすく健やかに働ける環境です。一緒に働きませんか?

  • 消化器内視鏡専門医を目指す医師の募集
  • 看護職員の募集
  • 職員募集のご案内
  • 介護老人保健施設 アロフェンテ彦根
  • 山崎外科医院

透析センターのご案内(ここにイメージ画像が入ります)

透析の質を向上し、透析における様々な合併症を抑え、
患者様のQOL(quality of life:生活の質)を高めます。

透析治療は各施設間にさまざまな差が存在します。
いいかえれば、施設によってそれぞれに特色があるといえます。
当施設の特色としては透析の質を向上し、透析における様々な合併症を抑え患者様のQOLを高められるように取り組んでいることです。
その中の一つとして透析液の清浄化対策があります。
透析治療において、透析液の清浄化は非常に大切であることは言うまでもありません。
当施設においては、水を厳重に管理し、RO水から末端透析液までのエンドトキシンを測定感度以下、細菌培養は検出されないように、透析液洗浄化を維持し中長期合併症の抑制に努めています。

よりよい透析をめざして

我々が考える良い透析治療とは、質の高い透析です。
透析治療において、透析液の純度は非常に重要な要素ですが、外からでは見てもわかりません。
透析液の純度を示す指標として透析液中のエンドトキシン濃度が問題となります。
エンドトキシンは体に入ると、様々な反応を引き起こします。
当院では、一般的に行われている洗浄方法やフィルター除去方法に加え、極低濃度薬液封入システムの採用や、二重、三重にフィルターを付けてのエンドトキシンや細菌の除去を行っています。
その結果、非常に純度の高い透析液となっています。

アセテート・フリー・バイオフィルトレーション(AFBF:acetate-free biofiltration)

透析治療中に血圧低下が著しい、咳漱、呼吸困難、透析心・肝臓への負担を低下、末梢循環障害、めまい・吐き気などの通常の透析液(酢酸を使用した透析液)で起こりうる症状(酢酸不耐症)を改善するもっとも進んだ治療法です。
特徴としては、血圧低下などによる透析困難症に対して効果が見られ、血行動態への影響が少ないと言われています。
また、不均衝症候群も現れにくいとも言われています。

当院では、2台のAFBF専用透析装置と1台の無酢酸透析専用透析装置を使用し、患者様の状態にあった治療法を選択しています。

送迎について

当院では、透析患者様用の専用送迎バスを用意しております。
詳しくは、透析センタースタッフにお気軽にお尋ねください。

家族の方々と共に---

当院の透析センターの特徴としては、各患者様に対応した治療法や合併症に対して、症状緩和・治療に力を注いでおり、患者様だけでなく、家族の方々にも治療方針や年間の定期検査の結果など病状説明を積極的に行います。
ご家族・患者様が納得され同意した上で参加してもらえる様に、常に患者様と医療チームの信頼関係を築いていきたいと考えています。
皆様に、最良の透析医療と安心をお届け出来るように日々努力していきます。

皆様の意見を取り入れ、もっともっと快適な生活空間が作れるようにスタッフ一同、力を合わせて取組んで行きますので、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

透析センターの質を高めるための取り組み

透析用水を厳重に管理し、透析液の洗浄化対策を徹底する。

透析療法において、透析液の清浄化は非常に重要です。
なぜなら、血液を浄化(ろ過)する際、透析液自体に有害な毒素が大量に含まれていると、血液を浄化しているにもかかわらず新たな毒素を含ませてしまうことになるからです。
この有害な毒素は「エンドトキシン」と呼ばれ、体内に入ると発熱やショック症状、循環不全などのさまざまな合併症を引き起こす原因となります。

当センターでは一般的に行われている洗浄方法やフィルター除去方法に加え、極低濃薬 液封入システムの採用や、二重・三重に超高性能フィルターを設け、エンドトキシンや細菌の除去を行っています。
また、臨床工学技士によるフィルター交換、毎日の機器運転点検、洗浄液管理、週1回のエンドトキシン確認検査、毎月1回細菌確認検査を徹底して行っております。

これにより、非常に純度の高いウルトラピュア透析液を作る、そして維持することが可能となりました。
純度の高いウルトラピュア透析液を用いた透析療法は、中長期合併症の抑制に効果があり身体にやさしい高質な治療法と考えます。

今後も透析液を徹底管理し、患者さまに安心して透析療法を受けていただけるよう取り組んでまいります。