看護部長よりごあいさつ

看護部長
橋本 逸子 看護部長
橋本 逸子

当院は、急性期から回復期(包括病棟)、慢性期、在宅医療(訪問看護)など多岐にわたる機能を持つケアミックス型の病院です。
看護は、今や専門性を磨く時代。それぞれの得意とする看護の領域を見つけ、研ぎ澄ましていくことにより、より質の高い看護が提供できると思います。そのためには、スキルアップのための支援体制を整え、学べる環境を提供することが大事だと考えています。
また、働き続けられる職場環境を整え、看護師としてのキャリアデザインを描けるよう応援しています。

看護部 理念

私たちは患者様の人権を尊重し、
患者様の生活の質を高めるため、
専門職として質の高い看護の提供をめざします。

看護部 基本方針

  1. 患者様を全人的に捉え、人権を尊重した身体的・精神的・社会的な支援をします
  2. 他職種と協働し、患者様中心のチーム医療を推進します
  3. 医療・看護の向上に伴った質の高い看護の提供ができるよう、個々の専門性を研鑚します
  4. 地域に信頼される看護専門職をめざし、在宅療養にも視点を置いた継続看護の連携を図ります
  5. 病院経営の健全化に積極的に参画します

2019年度 看護部目標

看護ケアのインフォームドコンセントの徹底

・患者の意思が尊重された目標を多職種とも共有し支援できる
 (患者の意思を知るためには良好なコミュニケーションが必要)
・納得のいく看護ケアの提供

安全・安心な医療の提供

・同時例による医療事故発生の削減
・感染対策の遵守による院内感染発生の削減

新しい知識の習得と技術の向上及び全体の底上げ

・レベルに沿った研修への参加により、看護力の統一を図る
・看護技術チェックリスト(特殊部門チェックリスト)の有効活用による技術の向上

病床の有効活用

・病棟機能に沿った病床活用ができるよう他職種連携を強化する
・病床稼働率を意識したベッドコントロール

コスト削減による経営参画

・部署で保管する在庫数の管理
・業務見直しによる時間外削減
・看護の範囲を超えた病院スタッフとしての取り組みにも参画!

看護部概要

看護基準

一般病棟 10:1  地域包括病棟 10:1  療養病棟 20:1 看護補助体制25:1

看護方式

固定チームナーシング
受け持ち制を原則とし日々においては担当制
看護記録様式 POS採用

勤務体制

週37.5時間勤務
[病棟]一般病棟・地域包括病棟:3交代 療養病棟:2交代
[外来日当直] 外来・消化器内視鏡センター・手術室
[透析センター]日勤・自動居残り(8:15~18:30)

教育

認定看護師、糖尿病看護認定看護師、認知症看護認定看護師

ワーク・ライフ・バランス

自分のライフスタイルに合わせた業務形態が選べます。
2016年カンゴザウルス賞受賞

常勤A
3交代
常勤B
夜勤3回
常勤C1
日勤常勤(260日稼働)
常勤C2
日勤常勤(208日稼働)
パートタイム

働き方人生設計

20代常勤A

日勤も夜勤もしっかり頑張るぞー!

30代常勤C2

出産、子育てで仕事は控えめ日勤ならOK!

40代常勤B

子供達に少しお金が掛かってきた
週末だけ夜勤できそう。

50代常勤A

子供達も大学でお金がかかる
しっかり働かなくちゃ。

ワーク ライフ バランス
ワーク ライフ バランス
ワーク ライフ バランス