新人看護職員研修制度

当院では、新人看護職員研修ガイドラインに沿ったカリキュラムで、集合教育を1ヶ月、その後臨床研修として5ヶ月間にわたり各部署(一般病棟・療養病棟・外来・手術室・透析センター・内視鏡センター・訪問看護ステーション)をローテーションします。臨床経験を積み重ねることで、知識や技術の習得はもちろん、自分の適性を知ることができます。その場その場に対応できる看護実践の基礎を身につけましょう。

集合研修(4月)

研修目標

  1. 看護部の理念、方針、看護内容、院内の教育内容が理解できる。
  2. 根拠に基づいた看護技術を理解し、臨床場面で活用できる。
  3. 看護職員としての役割を自覚し、責任ある行動がとれる。
  4. 他部署の概要が理解できる。

ローテーション教育プログラム

研修目標

  1. 各部署の特徴を知り、切れ目のない看護実践に必要な連携を学ぶ

    入院検査、手術、退院時にどのような情報を交換し、切れ目のない看護を実践するかを学ぶ。

  2. 自分の特性を知り、無理のない看護としての第一歩をスタートする

    学校と臨床現場からおこるリアリティショックをできるだけ少なくし、自分がスタートを切りやすい部署を見つける。
    質の高い看護を目指すには、 看護師一人ひとり向上心を持ち、日々成長していくことがとても大切です。ゆっくり、慌てず、少しずつ一歩でも前進しようとするあなたをバックアップいたします。

ローテーション教育プログラム

看護部卒後教育

看護部教育目的

地域住民の健康保持・増進に向け、より良い看護を目指し、
看護専門職に必要な臨床実践の能力を養う。

教育目標

  1. 対象者の人権を尊重し、安全で安心・納得される質の高い看護が提供できる。
  2. 看護専門職としての知識・技術を確実に習得し、根拠に基づいた看護実践能力の向上を図ることができる。
  3. 自己の役割を明確にし、医療チームの一員としての責任を自覚することができる。
  4. 主体的にキャリア開発を目指し、看護の専門性を確立できる。

クリニカルラダー

心と技を看護にいかす

質の高い看護を目指すには、看護婦一人ひとりが向上心を持ち、日々成長していくことがとても大切です。
ゆっくり、慌てずに少しずつ一歩でも前進しようとするあなたをバックアップいたします。

レベル5

より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段が選択できる看護が実践できる

レベル4

幅広い視野で予測的判断をもって看護が実践できる

レベル3

ケアの受け手に合う個別的な看護が実践できる

レベル2

標準的な看護計画に基づき、自立した看護が実践できる

レベル1

マニュアルに添った看護手順を身につけ、助言を受けながら看護を実践する

各種院内研修・セミナー

  • 新人研修・卒後研修
  • 中途採用研修
  • 育休明け復職研修
  • 看護補助者研修
  • 潜在看護師再就職支援セミナー など

看護師再就職セミナー

看護の勘を取り戻そう

結婚、子育てなどで職場を離れ、ちょっと自信がない…
そんな潜在看護師の方へ

看護師再就職セミナー