医療法人友仁会 友仁山崎病院(以下「当院」)における医療安全管理体制を確立し、安全で質の高い医療を提供するために、本指針を定める。

総則

  1. 医療安全管理に関する考え方
    1. 当院の理念である「心ふれあう 安心と納得の医療」を提供する。
    2. 医療において、患者及び医療従事者の安全は何よりも優先されるべきものであり、すべての医療従事者が安全を最優先に考え、病院はその実現を目指す考え方や態度を包括的に管理および推進を行っていかなければならない。
  2. 用語の定義
    1. 職員
      当院に勤務する医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・診療放射線技師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士・臨床工学技士・医療相談員・事務職員等すべての職種の者(嘱託職員・パート職員・臨時職員及び委託業者職員等を含む)をいう。
    2. インシデント
      医療事故にはならなかったが、それにつながりかねない事例(“ヒヤリ”としたり“ハッ”とした経験)。
    3. 医療事故(アクシデント)
      医療の現場で、医療の全過程において発生する医療事故一切を包括する。
      職員が被害者の場合、廊下での転倒等、医療行為と直接の因果関係がないものも含む。

安全管理のための組織に関する事項

  1. 医療安全対策を推進するために医療安全委員会を設置する。
    委員会は医療安全管理の最高決議機関としての役割を担う。
    委員長・病院長・事務長・看護部長・RMT議長により構成する。
  2. 院内での医療安全推進の中核的活動を行う部門としてRMT(リスクマネージャーチーム)を組織する。
    各部署・各部門のリスクマネージャーで構成し、医療安全管理の現場責任者として実効ある活動を担う。

安全管理のための職員研修に関する事項

  1. 医療事故防止のため職員の意識向上を図るため、全職員を対象とした定期研修を年度初めに計画し、年2回以上実施する。
  2. 職員は、研修会が実施される際には必ず受講するように努めなければならない。

医療安全確保を目的とした報告、改善策に関する事項

医療の質を改善し、医療安全管理に資することを目的に以下のように定める。

  1. 医療事故防止の具体的対策を図るためRMT規定を制定する。
  2. 医療事故およびインシデントが発生した場合は、その医療の現場において速やかに対応処置を行うと共に、定められた報告ルートに従い確実・迅速な報告を行うものとする。
  3. 報告されたレポートについては、原因分析調査を行うと共にその改善防止策を講じた後、周知徹底を行う。また、改善策が有効に機能しているかを評価し、必要に応じて見直しを図るものとする。
  4. レポートは個人の責任追及のためではなく、安全確保に関わるシステムを改善するためのものである。

医療事故発生時の対応に関する事項

医療事故については、予防に努めることは勿論であるが、不幸にして医療事故が発生した場合の対応については原因の如何を問わず、患者・家族への誠実な対応が基本となる。
医療事故発生時には医療事故発生時対応規定をもとに対応する。

患者等に対するこの指針の閲覧に関する事項

本指針は当院ホームページに掲載すると共に、患者及びその家族から閲覧の求めがあった場合はこれに応じるものとする。

医療安全管理にまつわる患者からの相談への対応に関する事項

患者相談窓口を設置し、患者からの声を聞き真摯に対応する。
必要に応じ関連部署との連携のもと対応する。

その他医療安全のために必要な基本事項

管理者が事故防止に対する強い意志を全職員に示すこと。
医療事故防止策を常に検討し、その結果を速やかに職員に周知すると共に実行に移すこと。
ISO医療安全委員会規定・ISO RMT規定・ISO医療事故発生時対応規定をマニュアルとし制定する。

作成日 平成20年12月