日常多くみられる胃腸の病気をはじめ、肝臓病や膵・胆道系疾患など、多くの消化器系の病気を迅速に診断し、適切な治療を行うことで、患者様の日常生活の質の向上に貢献できるように努力しております。

内視鏡治療

消化器内視鏡センターでは、消化器疾患全体に対する内視鏡治療にも力を注いでいます。
他に、胃や食道、大腸の腫瘍に対する内視鏡治療(ポリープ切除術など)のほか、胆管結石に対する採石治療、食道静脈癌に対する硬化療法などにも取り組んでいます。
また、消化器外科では、胆石症やヘルニア、早期癌などに対する腹腔鏡下手術により、すみやかで侵襲の少ない高水準医療を患者様に提供出来るように日々努力を重ねております。

画像診断

放射線診療部との協力により、腹部超音波検査、腹部CT検査、腹部MRI検査、血管造影検査などを行い、病気の診断ならびに病態の評価を行っています。
また、肝腫瘍に対しては、腫瘍血管への化学療法や塞栓術ラジオ波焼灼術などの治療も行っています。

消化器内視鏡センターで取り扱っている疾患

消化器・消化管悪性腫瘍
食道がん、胃がん、小腸腫瘍、大腸がん、膵臓がん、胆のう・胆管がん、肝臓がん等
消化器・消化管良性腫瘍
逆流性食道炎、食道静脈瘤、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性肝炎、慢性、肝炎、肝硬変、脂肪肝、非アルコール性脂肪肝、急性胆のう・胆管炎、胆のう・胆管結石、急性膵炎、慢性膵炎、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性腸炎、腸閉塞症、小腸腫瘍等
機能性胃腸症
胃・食道逆流症、機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群、胆道ディスキネジア、慢性便秘等

治療

早期がん
内視鏡的がん切除術など
良性疾患
内視鏡治療(胆石に対する内視鏡的結石除去術等)など
発がん予防
ヘリコバクター・ピロリ除菌療法、インターフェロン療法(C型肝炎ウイルス)、B型肝炎ウイルスに対する薬物療法など

消化器内視鏡センター 実績

上部消化管 実績

2014年
9,951
2015年
10,401
2016年
10,457
2017年
10,440
2018年
10,670

下部消化管 実績

2014年
2,952
2015年
3,130
2016年
3,307
2017年
3,323
2018年
3,185

2018年実績

大腸ESD
13
食道・胃ESD
22
バルン拡張
18
EMS
5
胆膵系
28