画像診断科

一般撮影 (X線撮影装置)

一般撮影とは“X線を用いて主に胸やお腹、骨などを撮影する”一番身近な検査です。俗に言う“レントゲン検査”です。人体にX線を照射すると空気はX線を透過しやすいので黒く映り、骨は透化しづらいので白く写ります。このX線の透過力の差を白黒で写真にします。

一般撮影 (X線撮影装置)

透視検査 (X線透視装置・血管造影撮影装置)

X線を使って体内の状態をリアルタイムに観察する検査です。
造影剤という薬剤を使用したより詳細な検査をや治療を行ったりもします。

透視検査 (X線透視装置・血管造影撮影装置)

マンモグラフィー (デジタル乳房X線撮影装置)

[人間ドックのオプション検査のみ実施]

マンモグラフィは乳房X線撮影のことで、乳房を撮影するための専用の装置を用いてレントゲン撮影を行います。
当院では、コニカミノルタ製デジタルX線乳房撮影装置「マーメイド」を導入し、女性の認定診療放射線技師が撮影を担当しています。

マンモグラフィー (デジタル乳房X線撮影装置)

骨密度測定 (骨密度測定装置)

骨に鬆が入り、腰が曲がったり、骨折しやすくなる病気が「骨粗鬆症」です。高齢者に多い症状ですが、最近はカルシウム不足などにより若い方にも急増しています。
予防のためには、早期発見と早めの治療が大切です。
定期的に骨の健康診断を受けましょう。

骨密度測定 (骨密度測定装置)

MRI検査 (MRI <1.5T> 装置)

MRIとは、磁石と電波を使い体の内部を見ることのできる検査です。
当院では平成20年2月に東芝メディカルシステムズ社製1.5T MRI装置を導入しました。

MRI検査 (MRI <1.5T> 装置)

CT検査 (64列128スライスCT装置)

レントゲン(エックス線)とコンピューターを使い、輪切りの画像を連続して撮影することで、身体の内部構造を精密に検査するものです。
CT検査装置のベッドに仰向けに寝て、装置の中心の大きな穴に、ベッドごと出たり入ったりします。検査はほとんど苦痛をともないませんが、息を止めたり体を動かさないなどの制約があります。

CT検査 (64列128スライスCT装置)

超音波検査

人体に探触子を当てて周波数の高い音波を送信し、そこから返ってくる反射波を画像化して診断します。超音波は安全性が高く痛みもありません。また、被曝もないため、妊娠中の方でも安心して検査を受けることができます。

超音波検査

腹部超音波検査

腹部超音波検査(腹部エコー)とは、肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・膀胱・前立腺・子宮・卵巣など、腹部にある臓器の病気を調べます。近年の超音波機器は飛躍的に進歩しており、CTでは検出しにくい小さな腫瘍も発見することができます。また胃・腸・虫垂などの消化管の病気も容易に発見できるようになりました。検査時間は通常10分前後です。

乳腺超音波検査

乳腺超音波検査(乳腺エコー)とは、乳房のしこり(腫瘤)がよくわかり、がんを早期に発見することが出来ます。マンモグラフィーでは病変が見つけにくい若年者(40代以下)に特に有効です。乳房を圧迫する必要がなく、痛みも全くありません。また、当院の機器は乳腺腫瘤の硬さを(エラストグラフィー)調べることが可能です。検査時間は通常20分前後です。

乳腺超音波検査

その他の超音波検査

超音波検査は、腹部や乳腺の他にも色々な部位の診断ができます。
超音波検査についてのお問い合わせは、検査担当者までお気軽にお尋ねください。
[その他の部位例]
甲状腺・体表の腫瘤・シャント血管・下肢静脈血管・肩関節・腱・靱帯・リウマチの活動性など

その他の超音波検査