リハビリテーション科

個々の症状や病態に応じて、理学療法士により在宅復帰に向けた
機能回復のための積極的なリハビリや、
機能維持を目的としたリハビリを提供いたします。

リハビリテーション科には理学療法士や作業療法士、リハビリアシスタントが在籍しております。療法士による運動療法、物理療法の2本を治療の柱としております。対象疾患としては骨折等手術後、脳卒中、変形性関節症、術後等廃用症候群が多い。特に入院患者様に対しては、医師や病棟スタッフ、医療相談員と連携を図り必要に応じて患者様宅への退院前訪問指導を行いスムーズな自宅復帰を支援しています。また、併設の介護老人保健施設や訪問リハビリステーション部門にも理学療法士、作業療法士が在籍しておりトータルで患者様にとってより良いリハビリテーションサービスを提供できるように心がけております。

リハビリテーションセンター

リハビリテーション室には多彩なトレーニング設備を有しています。
主に入院・外来の整形外科疾患のリハビリテーションを行っています。

理学療法 (PT : Physical Therapy)

手足の麻痺に対してはその機能の改善・回復を目指した治療(訓練)を、関節の拘縮や筋力の低下、あるいは呼吸機能の低下に対してはそれを改善・回復するための治療(訓練)に取り組みます。
起き上がることが困難な患者様、歩くことが困難な患者様にはそれらの動作が円滑に行えるための動作の練習を援助します。
また、様々な障害を抱えた状態での家庭復帰にあたっては、適切な福祉用具の利用の仕方や日常生活の過ごし方を共に考えます。

理学療法 (PT : Physical Therapy)

作業療法 (OT : Occupational Therapy)

身体または精神に障害のある方、またはそれが予想される方に対して、その方が主体的に生活していけるために、諸活動の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて治療、訓練、指導および援助を行います。作業活動とは、日常生活の諸動作、仕事、遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動をいいます。
脳卒中・パーキンソン病などの脳外科・神経内科疾患、骨折、肩関節周囲炎、変形性関節症、筋・靱帯・腱損傷などの整形外科疾患、肺炎での安静後や外科の手術後の廃用症候群などの疾患・障害が対象となり、作業活動を用いて、上肢・手指機能、ADL(食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴などの日常生活動作)の向上のための訓練を行います。

作業療法 (OT : Occupational Therapy)