消化器外科

診療内容

消化器外科では、主に胃癌や大腸癌、胆石、ヘルニア(鼠径部・腹壁・食道裂孔)、肛門疾患(痔核・痔瘻・肛門周囲膿瘍)などの消化器領域の疾患を専門として治療を行っております。

胃癌や大腸癌などの悪性疾患はガイドラインを基本的な治療方針として、それぞれの患者様の病期・進行度にあわせた根治性の高い手術治療を行うだけでなく、術後のQOLに配慮した治療を提供できるように心がけております。特に腹腔鏡手術は開腹手術に比べて小さな傷で手術を行うことができるため、術後疼痛の軽減に非常に有用です。また、化学療法にも積極的に取り組んでおり、消化器がん治療の専門医として治療を行っております。

定期的に消化器内科、消化器外科、放射線・画像診断科による合同カンファレンスを行い、それぞれの患者様にとって最善の治療方針となるように症例検討を行っております。

手術症例数

医師紹介

湊 博史 みなと ひろし

【消化器外科部長】
日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・消化器がん外科治療認定医
日本救急医学会 専門医
臨床研修指導医養成講習会修了
麻酔科標榜医
医学博士

伊藤 博士 いとう ひろし

日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医

栗岡 英明 くりおか ひであき

日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 認定医・指導医
日本胸部外科学会 認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
緩和ケア研修会修了

窪田 健 くぼた たけし

非常勤医師(火曜日外来・手術担当)

京都府立医科大学 消化器外科教室 講師
専門:上部消化管外科・胃外科・腹腔鏡外科

栗生 宜明 くりう よしあき

非常勤医師(木曜日外来・手術担当)

京都府立医科大学 消化器外科教室 講師
専門:下部消化管外科・腹腔鏡外科