消化器外科

LECS(腹腔鏡・内視鏡合同手術)

診療内容

消化器外科では、悪性疾患である食道がん・胃がん・大腸がんの治療を中心に、肝臓・胆のう・膵臓等の消化器領域を専門として診療を行っています。治療においては、それぞれの患者様の病状や身体の状態を考慮し、最善の治療法になるよう患者様と十分相談させていただきます。
消化管の胃がんや大腸がん等の悪性疾患に対しては各種ガイドラインを基本に、病期にあわせた根治性の高い手術治療に取り組むだけでなく、術後の患者様QOLに配慮した治療が提供できるよう心がけております。また、ごく早期の胃がんや大腸がんは、内視鏡を用いた粘膜切除術(EMR)や粘膜下層剥離術(ESD)の適応について、消化器内科とカンファレンスを行い消化器グループとして最善の治療法を検討しております。

医師紹介

栗岡 英明 くりおか ひであき

【消化器外科部長】
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 認定医・指導医
日本胸部外科学会 認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
緩和ケア研修会修了

小林 利行 こばやし としゆき

日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 専門医
緩和ケア研修会修了
医学博士

窪田 健 くぼた たけし

非常勤医師(火曜日外来・手術担当)
京都府立医科大学 消化器外科講師
専門:上部消化管外科・胃外科・腹腔鏡外科

栗生 宜明 くりう よしあき

非常勤医師(木曜日外来・手術担当)
京都府立医科大学 消化器外科講師
専門:下部消化管外科・腹腔鏡外科

山本 明 やまもと あきら

【名誉院長】